投資編

インデックス投資って何?-今からでも遅くない資産運用-

インデックス投資って何??

インデックス投資…

何となく聞いたことがある方もおられると思いますが、ここではインデックス投資についての疑問についてメリット/デメリット、注意点等含めて解説していきます。

そもそもインデックスってなに??

まずは「そもそもインデックスとは何か??」という点について解説していきます。「インデックス」は英語では「指標」と言う意味で、株式投資においては

「インデックス」=「経済指標」

となります。これだけだと何のことだか分からない!と言う方もおられると思いますが、代表的なものだと下記のようなものになります。

日経平均
TOPIX
ダウ平均
S&P 500
ナスダック

なんとなく聞いたことがある!という方もおられるのではないでしょうか??

インデックス投資とはこのような経済指標に連動して資産運用を行なっていきますよ!と言う投資手法となります。

それではインデックス投資について詳しく説明していきます。

インデックス投資とは??

前述の通りインデックスとは経済指標を指し、
インデックス投資とは
主要な経済指標(インデックス)と連動するように運用されているインデックスファンドに対する投資
です。

インデックスファンドとは上記のような主要な経済指標(インデックス)と連動して運用するファンドのことで、私たちの代わりに資産運用を行なってくれる人達と認識していただければ間違いないと思います。

ですのでインデックス投資では自分で個別銘柄を選んで購入するのではなく、
インデックスファンドが経済指標との連動を目標に投資商品を選んでくれたパッケージ商品(投資信託やETF)を購入する
形となります。

馴染み深いものだと日経平均株価株価指数TOPIXといった日本株の指標やダウ平均株価指数やS&P 500といった米国株の指標を目標として運用されるものですので、投資商品を購入する際には「どの指標(インデックス)と連動して運用されているのか?」で選ぶ必要があります。

インデックス投資のメリットとデメリットは??

この手法の一番大きなメリットとしては手軽に分散投資ができることです。
例えば、日経平均株価連動型のインデックスファンドであれば225銘柄に投資しているのと同じなのでそのうちの1社の株価が下落しようが全体としての影響は非常に少ないということです。

また、「長期的な成長が見込まれる」指標(インデックス)に連動したファンドに投資できれば長期的には着実な資産が得ることが可能となります。米国株式に投資した場合は5〜7%の利回りというのが一般的に言われている水準です。

購入後に行うべきことは基本的になく、放ったらかしで良いというところも手軽に始められる理由の一つとなると思います。

ただし、10年や20年の長期的な投資を前提としているため、直ぐに利益を享受できないという特徴があるため、この点はデメリットになり得るかと思います

メリット.
長期的に運用すれば着実に資産形成が可能
基本ほったらかし
専門的な知識があまりいらない
手軽に銘柄の分散投資が可能

デメリット.
資産形成までに時間がかかる
知識を得るという意味では学びが少ない

どのインデックスを選べばいいのか??

前述の通りどの指標(インデックス)に連動した運用を目指しているか?という部分が重要で、投資すべき指標(インデックス)の条件として「長期的な成長が見込まれる」ことがあげられます。

例として下記のどちらの指標(インデックス)に連動したインデックスファンドが良いのか考えていきましょう。

まずは日経平均

続いてダウ平均

どちらの指標(インデックス)に連動したファンドに投資すれば良いかわかるでしょうか?
前述の通り、インデックス投資は「長期的な成長が見込まれる指標を選ぶことが重要」となりますので、上記の中ではダウ平均の方が投資すべき指標(インデックス)になると言えます。

アメリカ経済が長期に渡って成長し続けていることがよく分かります。

ドルコスト平均法の併用

ドルコスト平均法は価格が変動する株や債券等を一定額で、かつ購入期間を分散して定期的に買い続ける手法です。

この手法を用いることで自ずと株価/債券等の価格が高い時には少なく、安い時には多く買うことができるので細かく株価相場を見ながら購入量を調整する必要なく資産を購入していくことができます。
ですので、長期的に右肩上がりの成長を続ける商品を購入すれば長期間投資すれば必ずといっていいほど利益が得られる手法となります。ただし、いくらドルコスト平均法を用いても右肩下りの成長を続ける商品を購入し続けても利益が得られませんので注意が必要です。

インデックス投資とドルコスト平均法を併用することで、「銘柄の分散」、「時間の分散」、「複利効果の享受」の効果を得ることができるため、手軽にリスクを減らしながら資産を増やしていくことが可能です。

  • インデックス投資とドルコスト平均法の併用がオススメ!
    銘柄と時間の分散、複利効果を享受しよう!

つみたてNISAやiDeCoを活用しよう!

インデックス投資とドルコスト平均法を用いて資産を形成していく中で是非使用して頂きたいのがつみたてNISAとiDeCoです。

基本的に投資によって得られる利益に対しては約20%程度の税金が課税されてしまいますが、この2つの制度はこの課税に対して免除されるという優遇措置が受けられるものです。

つみたてNISAとiDeCoはそれぞれ長期投資を前提に設計されていて、一定額を毎月長期間投資していく形となりますので、制度を使用するだけで勝手にインデックス投資とドルコスト平均法を使って資産運用ができるものとなっています。

  • つみたてNISAとiDeCo枠を使用しよう!
  • 自ずとインデックス投資とドルコスト平均法で投資が可能!
  • 投資で得られた利益に対しては非課税に!

どんな人にオススメか??

投資をする目的は人によって様々と思いますが、インデックス投資がどのような方に向いているかというと、「長期的な資産形成」を考えている方になります。

前述の通りインデックス投資は10年とか20年の長期投資を前提としているため、「直ぐに利益を得たい」とか「定期的なキャッシュフローを構築したい」という方には向いていません。

「老後資金のための資産形成」や「子供が生まれたばかりで大学の学費に充てたい」というような長期目線での資産形成に向いていると言えます。

  • インデックス投資は長期投資が前提
  • 「老後資金」や「子供の学費」等の資産形成に向いている

まとめ

長期投資によるインデックス投資とドルコスト平均法の併用は「老後資金」や「子供の学費」等の資産形成を行いたい方には一番あっている方法であると思います。

さらにつみたてNISAやiDeCoを併用することで利益に対しての課税分に対しても非課税となり資産運用効果がさらに高まります。

投資による資産運用を始めたいと考えている方は検討の余地ありです!

ちなみに私はつみたてNISAとiDeCoで楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)という投資信託に投資しています。なぜ楽天VTIを選んだか?という部分については過去の記事で語っていますので興味のある方は参照してください!

最後に…
投資はやはり自己責任になりますので、様々な情報に対して自分で納得した上で行動する前提で臨む姿勢が必要であると思います。(上手くいかなかった時に誰かのせいにしてもお金が戻ってくることはありませんので。。。)

金融リテラシーをあげて豊かな人生を歩んでいきましょう!!

投資はあくまでも自己責任!
自分自身が納得した上で行動を!

高配当株投資とは??-今からでも遅くない資産運用- | アラフォー会社員のLife plan へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA